最後まで園児を思いやってくれた幼稚園(保育園)の先生

これは私が幼稚園を卒業してからのお話です。私はひとつ下の妹がいて、同じ幼稚園に登園していました。滋賀でおすすめの根管治療専門医なんてもいえるのは私の在園していた時の担任の先生はその幼稚園の親族だったらしく、ずっと園に在籍していることは後から母に聞いていたのを覚えています。卒園後、妹のお遊戯発表会が家の近所の公民館で行われた時に母に連れられて私も見に行きました。(その園には大きな発表舞台上、体育館みたいなものはなかったので。)その時やっぱり元担任の先生が引率でいらっしゃってました。私はその時大き目のビーズ集めるのがブームで、お遊戯発表会の時も一番お気に入りのビーズをポケットに忍ばせて出かけました。そんなバイリンガルスクールでは神戸のここからで元担任の先生に会うことができたので、うれしくなって自分が持っていたビーズの中で一番のお気に入りのものを先生にその場でプレゼントしました。発表会が終わって家に帰ると先生にプレゼントしたビーズをなぜか母が持っていました。私が「どうしてママが持っているの?」と聞くと母は「先生が大事なものだろうから返してあげてください」と言ってくれたそうです。卒業しても私のこと、卒園生の気持ちを気にかけてくれる先生に感動しました。先生にお会いしたのはそれが最後でしたが私の優しい先生はずっと変わらない優しい先生でした。

上履きを忘れた時の幼稚園の先生の神対応

私の年少の娘が通っている幼稚園は、預かり保育があります。エレメンタリースクールから神戸ではというところは長期休みも預かり保育があり、私も仕事の時に、単発で利用することがあります。預かり保育を単発で利用する場合は、上履きなどを毎回持参しなければなりません。ある春休みの預り保育の日に、私はあろうことか、上履きを忘れてきてしまいました。その上履きは数日前に買って、履くのを楽しみにしていた、娘のその日の一番のお気に入りのグッズ。先生に相談すると、幼稚園で上履きを貸してくれるとのことだったので、「今日は上履きを借りて」と娘にお願いしましたが、神戸からホームページ制作のどこにもどうしてもどうしても新しい上履きを家から持ってきて欲しいと泣き叫ぶ娘。どうしたものかと、私が困り果てていると、先生は「とりあえず上履きを持ってくるよ」と言って、娘に足のサイズを聞いて、上履きを取りに行ってくれました。お願いしたサイズを1足持ってきてくれるのかなぁと思っていたら、なんと3足も持ってきてくれました。ピンクのお花の絵が描いてある上履きと、男の子向けの水色の上履きと、比較的キレイめな白の上履きです。「どれがいい?好きなの選んでいいよ」ととても手慣れた様子で対応してくださいました。全国のおすすめ歯科医院のことはとてもいえるのは他にも預かり保育に来ていた園児がたくさんいて、私のミスで、先生にお手間をおかけして申し訳ないと思いましたが、先生は嫌な顔一つせず、丁寧に対応してくださいました。「全部嫌だ、お母さん家から持ってきて」と泣く娘を横目に、「お母さん大丈夫だから、あとはこちらに任せて、お仕事頑張って。」と言って、私を帰してくれました。お迎えに行った時に、最初の十分ぐらいは機嫌が悪かったけれど、その後は幼稚園の上履きを履いて、楽しく過ごせました、と報告してくれました。人気の保育園を奈良の大和高田でもどこからでも普段はバス通園なので、幼稚園の様子が全くわかりませんが、この先生なら安心して任せられると思いました。感謝しきれません。

この幼稚園の先生と出会って本当によかった

一人っ子で甘えさせ、あまり人と接するような環境になかったので人見知りが激しい我が子だったので幼稚園に入園させるのは不安でした。こんなに神戸でインターナショナルスクールを少しもそんな中いろんな幼稚園見学の時に泣かずに遊べたのが〇〇幼稚園でした。〇〇幼稚園の先生方の穏やかで優しい雰囲気と温もりのある素敵な園舎は親の私たちにとって居心地よく感じ、また我が子も気に入ったのかもしれません。口コミすると奈良の保育園でもどこからか入園前にお試し幼稚園がある為、親子みんなで一年を通して先生や幼稚園という環境に慣れることができたのが安心につながり決め手となりました。〇〇幼稚園の先生みんなが子どもたちに対して熱心で優しく、神戸でどんなインターナショナルスクールとも彼らの成長を一緒に喜んでくれ辛いことや苦しいことは手を貸してくれ、子どもたちが苦手なことには温かい目で見守ってくれながら、子どもたちの自信に繋がるように優しく手助けしてくれました。特に子どもの成長を間近で見れる運動会やお遊戯会などの親子で参加できるイベントでは親の気持ちを汲んでくれたり、この宝塚市で根管治療ならおすすめはここでもとは子どもと接する姿を直で見て我が子がほんとうに先生のことを信頼し大好きなんだと思えるような姿を見ることができました。口コミで大和高田で保育士を採用するといえるのは初めて親から離れて出会う大人が〇〇幼稚園の先生方でよかったと夫婦でよく話しています。

内気な我が子に勇気を与えてくれたくれた保育園の先生

うちの子は少々内気で、保育園のお迎えに行ってもお友達の輪に入ることなく一人で遊んでいることが多いです。こんなバイリンガルスクールでは神戸のどこから積み木やぬいぐるみなど本人が夢中でやれる遊びがあるのはいいことだなーと思う反面、親としてはつい「このままお友達と仲良くやっていけるだろうか」と少し不安になったりもしました。保育園の先生はとてもまめな方で、毎日保育園であった出来事を細かく連絡帳に記してくれているのですが、最近、お友達と遊んだエピソードが増えてきているようで、うれしく思っていました。最初の方は特定の一人のお友達の名前がよく出てきていたのですが、おおくの保育士を大和高田で採用するとなるとだんだん二人、三人と連絡帳に登場するお友達の名前も増えてきました。お迎えに行くとお友達と一緒にいる場面を見ることも多くなってきたように思います。うちの子の中で、何が変わったのだろう?と思い、ある日保育園の先生に聞いてみると、先生もうちの子が感情表現が苦手なことを気にかけていてくれていたらしく、鳥取で根管治療おすすめの歯科医院はほかから少しずつ少しずつ気持ちを表に出せるように、「今〇〇ちゃんはこういう気持ちなんだね」と寄り添っているうちに、うちの子も感情を表に出せるようになったとのこと。だいぶ先生とうちの子の間でやり取りができるようになってきたら、次は「お友達の△△ちゃんに一緒に遊びたいって伝えてみよう!」とうちの子を誘ってくれ、これから保育園を奈良市内で探してみるともうどうも最初は先生も付き添ってくれたので、うちの子もなんとかお友達に声掛けができたみたいです。それ以来、お友達に初めて自分から声を掛けて遊ぶことができたのが嬉しかったらしく、他のお友達にもだんだん声掛けができるようになったみたいです。本当はお友達と遊びたいけど、もう神戸でインターナショナルスクールがあるとちょっとはずかしい・・・そんな気持ちに最初の一歩を踏み出す勇気を与えてくれた先生に、感謝しています。