この幼稚園の先生と出会って本当によかった

一人っ子で甘えさせ、あまり人と接するような環境になかったので人見知りが激しい我が子だったので幼稚園に入園させるのは不安でした。こんなに神戸でインターナショナルスクールを少しもそんな中いろんな幼稚園見学の時に泣かずに遊べたのが〇〇幼稚園でした。〇〇幼稚園の先生方の穏やかで優しい雰囲気と温もりのある素敵な園舎は親の私たちにとって居心地よく感じ、また我が子も気に入ったのかもしれません。口コミすると奈良の保育園でもどこからか入園前にお試し幼稚園がある為、親子みんなで一年を通して先生や幼稚園という環境に慣れることができたのが安心につながり決め手となりました。〇〇幼稚園の先生みんなが子どもたちに対して熱心で優しく、神戸でどんなインターナショナルスクールとも彼らの成長を一緒に喜んでくれ辛いことや苦しいことは手を貸してくれ、子どもたちが苦手なことには温かい目で見守ってくれながら、子どもたちの自信に繋がるように優しく手助けしてくれました。特に子どもの成長を間近で見れる運動会やお遊戯会などの親子で参加できるイベントでは親の気持ちを汲んでくれたり、この宝塚市で根管治療ならおすすめはここでもとは子どもと接する姿を直で見て我が子がほんとうに先生のことを信頼し大好きなんだと思えるような姿を見ることができました。口コミで大和高田で保育士を採用するといえるのは初めて親から離れて出会う大人が〇〇幼稚園の先生方でよかったと夫婦でよく話しています。

内気な我が子に勇気を与えてくれたくれた保育園の先生

うちの子は少々内気で、保育園のお迎えに行ってもお友達の輪に入ることなく一人で遊んでいることが多いです。こんなバイリンガルスクールでは神戸のどこから積み木やぬいぐるみなど本人が夢中でやれる遊びがあるのはいいことだなーと思う反面、親としてはつい「このままお友達と仲良くやっていけるだろうか」と少し不安になったりもしました。保育園の先生はとてもまめな方で、毎日保育園であった出来事を細かく連絡帳に記してくれているのですが、最近、お友達と遊んだエピソードが増えてきているようで、うれしく思っていました。最初の方は特定の一人のお友達の名前がよく出てきていたのですが、おおくの保育士を大和高田で採用するとなるとだんだん二人、三人と連絡帳に登場するお友達の名前も増えてきました。お迎えに行くとお友達と一緒にいる場面を見ることも多くなってきたように思います。うちの子の中で、何が変わったのだろう?と思い、ある日保育園の先生に聞いてみると、先生もうちの子が感情表現が苦手なことを気にかけていてくれていたらしく、鳥取で根管治療おすすめの歯科医院はほかから少しずつ少しずつ気持ちを表に出せるように、「今〇〇ちゃんはこういう気持ちなんだね」と寄り添っているうちに、うちの子も感情を表に出せるようになったとのこと。だいぶ先生とうちの子の間でやり取りができるようになってきたら、次は「お友達の△△ちゃんに一緒に遊びたいって伝えてみよう!」とうちの子を誘ってくれ、これから保育園を奈良市内で探してみるともうどうも最初は先生も付き添ってくれたので、うちの子もなんとかお友達に声掛けができたみたいです。それ以来、お友達に初めて自分から声を掛けて遊ぶことができたのが嬉しかったらしく、他のお友達にもだんだん声掛けができるようになったみたいです。本当はお友達と遊びたいけど、もう神戸でインターナショナルスクールがあるとちょっとはずかしい・・・そんな気持ちに最初の一歩を踏み出す勇気を与えてくれた先生に、感謝しています。