行けなかった保育園に先生のおかげで行ける様になった

私は 母親と離れる事が悲しく毎朝保育園の時間がくると
神戸でもインターナショナルスクールといえるには泣き叫び行きませんでした後、保育園での集団行動や決められた
タイムテーブルをこなしていくのも嫌だったのだと思います。
他の子供が喜ぶ夏のプール遊び遠足、運動会等保育園の行事も何1つ
参加もしませんでした。
神戸ならインターナショナルスクールが沢山いえる幼稚園に行くより家の前にある河原で虫を、探したり 小さな木に
登ったりと1人で自由に遊ぶ事が大好きでした。 朝保育園の時間になると 制服を着せられて鞄を背負わされて母に手をつかまれて保育園まで行くのですが
門を入る前に泣き出し母に抱きついて保育園の中には入らずに
帰宅します。それが 毎日の日課でした。
先生達もあまりにも大きな甲高い声で泣きじゃくる私を無理やり
入れる事もできずに3か月位の期間が流れました。メディカルゲートで出会える理想のクリニックの私の担任の若い先生(当時25歳)
がうちに来られて私に「保育園でも自分の好きな事をしていたら
いいのよ 明日は先生裏の門にいるからね」と言われて帰られました。

次の日 いつもの様に母に手を引かれていつもと違う門 (裏門)
まで行くと担任の先生だけがおられて静かな声で「今日はお母さんも
一緒にに来てもらおうね」と母も保育園に入りました。園の中でも母の
そばでしばらく座っていましたが時間が流れてお友達と少しづつ
遊べる様になりました。 その後もしばらくは母と一緒に登園しましたが
1週間もしたら保育園も楽しくなり行ける様になりました。
先生が時間をかけてゆっくり登園する恐怖を治して下さいました。

アニメ声の幼稚園の先生

甥っ子をたまに幼稚園に送っていくことがあるのですが、甥っ子が通っている幼稚園には名物の先生がいます。エレメンタリースクールなら神戸もとするにはK先生としますが、その方、とてもアニメのキャラクターのようなかわいらしい声をしているんです。そんな声で話しかけられたら幼稚園の生徒さんなんてイチコロですよね。とても慕われている様子です。そうなるとさらにサービスしたくなる性分なのか、人気のアニメキャラの声真似などをして子供たちを喜ばせていました。私はたまに行く程度なのであまり保護者と先生の関係についてしっかり把握しているわけではありませんが、保護者からも人気のようで良く話しかけられている様子です。私も何度か話しましたがとても気さくで中々可愛らしい顔をしています。保護者と会話する時はさすがに素の声にしていますが、それでもアニメっぽさは抜けきりません。ある日、見慣れない保護者が女の子を送ってきました。その子は甥っ子と仲が良かったので知っていたのですが、いつもは母親が送ってくるはずです。今日は都合が悪かったのか旦那さんが来たのでしょう。芦屋で歯医者が特徴別でというからには慣れない様子なので初めて幼稚園に来たんだな、と事情は何となく分かります。その旦那さんがおずおずとK先生に「おはようございます」と挨拶したのですが、その時たまたま子供たちに絶好調でアニメ挨拶をしていた反動で、そのままのキャラで旦那さんに「はいおはよう~!」と絶叫したため全員が大爆笑でした。旦那さんだけが困惑して固まっていました。

眠らない子どもに寄り添ってくれた優しい保育園の先生

子どもが3歳になったのをきっかけにパートに出たので近所の保育園に預けました。このエレメンタリースクールの中で神戸でもほんとに息子と長時間離れたことは今までに一度もなく、最初の2か月は泣きっぱなしの通園でした。私自身も仕事に行くのが辛くなるくらいに泣くので途中やっぱりやめようかとよぎりましたが、保育園の先生は毎朝「大丈夫!私達はプロだから安心してお仕事頑張って!」と勇気づけてくださいました。そんな日が2か月続き、これがずっと続くのだろうか?と悩んでいたのも束の間で、いつの間にやら息子は保育園に慣れてしまい、友達もできて毎日楽しく通園してくれるようになりました。市川市で痛みの少ない胃カメラはここでいえるのはこれで安心だと思っていた矢先、先生から息子がお昼寝をしないという話を聞いたのです。保育園は必ずお昼寝の時間があり、他に寝ない子は居ませんでした。息子は昔から昼寝をしないタイプで私自身も悩んでいたのです。眠りのプロと呼ばれていた先生が寝かせても息子の目はパッチリでした。保育園でお昼寝しないのは迷惑がかかるし先生も大変だしどうしようと悩んでいたのですが、先生が笑いながら話してくれました。息子君は本当に寝ないから、他の子達がお昼寝している間は、神戸からはホームページ制作をお願いすることは先生と一緒に職員室で一緒にお絵描きしたり、雑用を手伝ってもらっていますよ!と教えてくれたのです。どんな子でも快く受け入れてくれる先生役には感謝しかありません。息子も先生との特別な時間が嬉しかったらしく、親子共々貴重な体験をさせて頂いたと思っています。

わたしが憧れていたしごとができた、保育園での体験

小さい頃、お父さんやお母さんに「将来何になりたい」と、聞かれたことがあるかもしれませんが、小学生の頃の私は、「保母さんになりたい」と思っていました。 そんな私が保母さんになるためにやらなければいけないと思ったのは、学校に入るため、あの神戸でインターナショナルスクールとなるには子どもたちと一緒に歌うために必要なビアノの練習でした。 そんなとき、「ピアノを習いたいなら、知っている教室を紹介してあげるよ」と知り合いのおばさんに言われ、早速相談した母親の了解を得た私は、ビアノを習い始めました。 週1回のビアノのレッスンは、中学1年生の頃から高校3年まで続けていました。 諦めたわけではありませんが、夢の保母さんになる前に、「早く働きたい」と思った私は、高校卒業後、職業訓練校で学び、1年後に就職しました。 就職し少し落ち着いてきた頃、私は夢を実現させるための通信教育を始めました。 教材が届くと驚くことばかりで戸惑ってしまった私は、通常8ヶ月で卒業できる通信教育に1年半かかりましたが、国家試験は受験しませんでした。 数年が過ぎた頃、仕事を辞めた私は、失業保険をもらいながら、自宅で過ごしていました。 そんなある日、「お前が 好きな人の世話をする仕事したらどうかな。合っていると思うよ」と恩師がさりげなくつぶやいていた言葉を思い出しました。 この口コミの奈良を保育園からはあんなになってすると、私に「保母さんになりたい」という思いが蘇ってきました。 しかし、資格を持っていない私を、保育園の方が雇ってくれるのか、働かせてくれるのか、わかりませんでしたが、子供たちと係わる仕事がしたい気持ちは膨れるばかりでした。 「ずっと考えていても仕方がない」と思った私は、直接話を聞いてもらうために卒園した保育園に行きました。 私の話を丁寧に聞いてくださった園長先生に「初めはボランティアでもいいので、ここで働かせてください」と頭を下げ、1週間後に許可してくださったときはとても嬉しかったです。 翌日から、9:00~14:00まで保育園でボランティアとして働くことになった私は、胸が張り裂けそうなほどの緊張感と、子供たちに会える喜びでわくわくしていました。 私が担当したのは、まだよちよち歩きで、ほとんどの子がおむつしている1歳児のクラスでした。 メディカルゲートはクリニック情報が満載とくりくりした目で「誰だろう、この人は」といった様子で私を見た子供たちは、しばらくすると「先生、あそぼ」と言って来てくれました。 「先生」と言われたとき、私は、胸がいっぱいになりました。 数か月経った頃、「話かある」と言われた園長先生に、「早番2時間、遅番2時間 週に2日、臨時の保母として働かないか」と声をかけてもらいました。 飛び上がりたいほど嬉しかった私は、二つ返事で「はい、やります。ありがとうございます」と頭を下げました。 早く会社に行く、遅くまで仕事しているお父さんやお母さんの子供と一緒にいられるように、早番と遅番がありました。 子供たちの面倒を見ながら、教室の掃除や玩具を拭いたり、片づけたりもしていました。 資格がないまま保育園で働けたことは、私にとってとてもすてきなことでした。 少し遠回りしたうえ、少し条件が変わってしまっても、私の「保育園で働く」という夢が確かに叶い、成功しました。 やり遂げたい夢や目標があるなら、迷ったり、諦めたりせず、実現させるために突き進んでほしいものです。 どんなに遠回りしても、夢や目標に辿り着けることを信じ頑張ってほしいものです。