アニメ声の幼稚園の先生

甥っ子をたまに幼稚園に送っていくことがあるのですが、甥っ子が通っている幼稚園には名物の先生がいます。エレメンタリースクールなら神戸もとするにはK先生としますが、その方、とてもアニメのキャラクターのようなかわいらしい声をしているんです。そんな声で話しかけられたら幼稚園の生徒さんなんてイチコロですよね。とても慕われている様子です。そうなるとさらにサービスしたくなる性分なのか、人気のアニメキャラの声真似などをして子供たちを喜ばせていました。私はたまに行く程度なのであまり保護者と先生の関係についてしっかり把握しているわけではありませんが、保護者からも人気のようで良く話しかけられている様子です。私も何度か話しましたがとても気さくで中々可愛らしい顔をしています。保護者と会話する時はさすがに素の声にしていますが、それでもアニメっぽさは抜けきりません。ある日、見慣れない保護者が女の子を送ってきました。その子は甥っ子と仲が良かったので知っていたのですが、いつもは母親が送ってくるはずです。今日は都合が悪かったのか旦那さんが来たのでしょう。芦屋で歯医者が特徴別でというからには慣れない様子なので初めて幼稚園に来たんだな、と事情は何となく分かります。その旦那さんがおずおずとK先生に「おはようございます」と挨拶したのですが、その時たまたま子供たちに絶好調でアニメ挨拶をしていた反動で、そのままのキャラで旦那さんに「はいおはよう~!」と絶叫したため全員が大爆笑でした。旦那さんだけが困惑して固まっていました。

眠らない子どもに寄り添ってくれた優しい保育園の先生

子どもが3歳になったのをきっかけにパートに出たので近所の保育園に預けました。このエレメンタリースクールの中で神戸でもほんとに息子と長時間離れたことは今までに一度もなく、最初の2か月は泣きっぱなしの通園でした。私自身も仕事に行くのが辛くなるくらいに泣くので途中やっぱりやめようかとよぎりましたが、保育園の先生は毎朝「大丈夫!私達はプロだから安心してお仕事頑張って!」と勇気づけてくださいました。そんな日が2か月続き、これがずっと続くのだろうか?と悩んでいたのも束の間で、いつの間にやら息子は保育園に慣れてしまい、友達もできて毎日楽しく通園してくれるようになりました。市川市で痛みの少ない胃カメラはここでいえるのはこれで安心だと思っていた矢先、先生から息子がお昼寝をしないという話を聞いたのです。保育園は必ずお昼寝の時間があり、他に寝ない子は居ませんでした。息子は昔から昼寝をしないタイプで私自身も悩んでいたのです。眠りのプロと呼ばれていた先生が寝かせても息子の目はパッチリでした。保育園でお昼寝しないのは迷惑がかかるし先生も大変だしどうしようと悩んでいたのですが、先生が笑いながら話してくれました。息子君は本当に寝ないから、他の子達がお昼寝している間は、神戸からはホームページ制作をお願いすることは先生と一緒に職員室で一緒にお絵描きしたり、雑用を手伝ってもらっていますよ!と教えてくれたのです。どんな子でも快く受け入れてくれる先生役には感謝しかありません。息子も先生との特別な時間が嬉しかったらしく、親子共々貴重な体験をさせて頂いたと思っています。

わたしが憧れていたしごとができた、保育園での体験

小さい頃、お父さんやお母さんに「将来何になりたい」と、聞かれたことがあるかもしれませんが、小学生の頃の私は、「保母さんになりたい」と思っていました。 そんな私が保母さんになるためにやらなければいけないと思ったのは、学校に入るため、あの神戸でインターナショナルスクールとなるには子どもたちと一緒に歌うために必要なビアノの練習でした。 そんなとき、「ピアノを習いたいなら、知っている教室を紹介してあげるよ」と知り合いのおばさんに言われ、早速相談した母親の了解を得た私は、ビアノを習い始めました。 週1回のビアノのレッスンは、中学1年生の頃から高校3年まで続けていました。 諦めたわけではありませんが、夢の保母さんになる前に、「早く働きたい」と思った私は、高校卒業後、職業訓練校で学び、1年後に就職しました。 就職し少し落ち着いてきた頃、私は夢を実現させるための通信教育を始めました。 教材が届くと驚くことばかりで戸惑ってしまった私は、通常8ヶ月で卒業できる通信教育に1年半かかりましたが、国家試験は受験しませんでした。 数年が過ぎた頃、仕事を辞めた私は、失業保険をもらいながら、自宅で過ごしていました。 そんなある日、「お前が 好きな人の世話をする仕事したらどうかな。合っていると思うよ」と恩師がさりげなくつぶやいていた言葉を思い出しました。 この口コミの奈良を保育園からはあんなになってすると、私に「保母さんになりたい」という思いが蘇ってきました。 しかし、資格を持っていない私を、保育園の方が雇ってくれるのか、働かせてくれるのか、わかりませんでしたが、子供たちと係わる仕事がしたい気持ちは膨れるばかりでした。 「ずっと考えていても仕方がない」と思った私は、直接話を聞いてもらうために卒園した保育園に行きました。 私の話を丁寧に聞いてくださった園長先生に「初めはボランティアでもいいので、ここで働かせてください」と頭を下げ、1週間後に許可してくださったときはとても嬉しかったです。 翌日から、9:00~14:00まで保育園でボランティアとして働くことになった私は、胸が張り裂けそうなほどの緊張感と、子供たちに会える喜びでわくわくしていました。 私が担当したのは、まだよちよち歩きで、ほとんどの子がおむつしている1歳児のクラスでした。 メディカルゲートはクリニック情報が満載とくりくりした目で「誰だろう、この人は」といった様子で私を見た子供たちは、しばらくすると「先生、あそぼ」と言って来てくれました。 「先生」と言われたとき、私は、胸がいっぱいになりました。 数か月経った頃、「話かある」と言われた園長先生に、「早番2時間、遅番2時間 週に2日、臨時の保母として働かないか」と声をかけてもらいました。 飛び上がりたいほど嬉しかった私は、二つ返事で「はい、やります。ありがとうございます」と頭を下げました。 早く会社に行く、遅くまで仕事しているお父さんやお母さんの子供と一緒にいられるように、早番と遅番がありました。 子供たちの面倒を見ながら、教室の掃除や玩具を拭いたり、片づけたりもしていました。 資格がないまま保育園で働けたことは、私にとってとてもすてきなことでした。 少し遠回りしたうえ、少し条件が変わってしまっても、私の「保育園で働く」という夢が確かに叶い、成功しました。 やり遂げたい夢や目標があるなら、迷ったり、諦めたりせず、実現させるために突き進んでほしいものです。 どんなに遠回りしても、夢や目標に辿り着けることを信じ頑張ってほしいものです。

最後まで園児を思いやってくれた幼稚園(保育園)の先生

これは私が幼稚園を卒業してからのお話です。私はひとつ下の妹がいて、同じ幼稚園に登園していました。滋賀でおすすめの根管治療専門医なんてもいえるのは私の在園していた時の担任の先生はその幼稚園の親族だったらしく、ずっと園に在籍していることは後から母に聞いていたのを覚えています。卒園後、妹のお遊戯発表会が家の近所の公民館で行われた時に母に連れられて私も見に行きました。(その園には大きな発表舞台上、体育館みたいなものはなかったので。)その時やっぱり元担任の先生が引率でいらっしゃってました。私はその時大き目のビーズ集めるのがブームで、お遊戯発表会の時も一番お気に入りのビーズをポケットに忍ばせて出かけました。そんなバイリンガルスクールでは神戸のここからで元担任の先生に会うことができたので、うれしくなって自分が持っていたビーズの中で一番のお気に入りのものを先生にその場でプレゼントしました。発表会が終わって家に帰ると先生にプレゼントしたビーズをなぜか母が持っていました。私が「どうしてママが持っているの?」と聞くと母は「先生が大事なものだろうから返してあげてください」と言ってくれたそうです。卒業しても私のこと、卒園生の気持ちを気にかけてくれる先生に感動しました。先生にお会いしたのはそれが最後でしたが私の優しい先生はずっと変わらない優しい先生でした。

上履きを忘れた時の幼稚園の先生の神対応

私の年少の娘が通っている幼稚園は、預かり保育があります。エレメンタリースクールから神戸ではというところは長期休みも預かり保育があり、私も仕事の時に、単発で利用することがあります。預かり保育を単発で利用する場合は、上履きなどを毎回持参しなければなりません。ある春休みの預り保育の日に、私はあろうことか、上履きを忘れてきてしまいました。その上履きは数日前に買って、履くのを楽しみにしていた、娘のその日の一番のお気に入りのグッズ。先生に相談すると、幼稚園で上履きを貸してくれるとのことだったので、「今日は上履きを借りて」と娘にお願いしましたが、神戸からホームページ制作のどこにもどうしてもどうしても新しい上履きを家から持ってきて欲しいと泣き叫ぶ娘。どうしたものかと、私が困り果てていると、先生は「とりあえず上履きを持ってくるよ」と言って、娘に足のサイズを聞いて、上履きを取りに行ってくれました。お願いしたサイズを1足持ってきてくれるのかなぁと思っていたら、なんと3足も持ってきてくれました。ピンクのお花の絵が描いてある上履きと、男の子向けの水色の上履きと、比較的キレイめな白の上履きです。「どれがいい?好きなの選んでいいよ」ととても手慣れた様子で対応してくださいました。全国のおすすめ歯科医院のことはとてもいえるのは他にも預かり保育に来ていた園児がたくさんいて、私のミスで、先生にお手間をおかけして申し訳ないと思いましたが、先生は嫌な顔一つせず、丁寧に対応してくださいました。「全部嫌だ、お母さん家から持ってきて」と泣く娘を横目に、「お母さん大丈夫だから、あとはこちらに任せて、お仕事頑張って。」と言って、私を帰してくれました。お迎えに行った時に、最初の十分ぐらいは機嫌が悪かったけれど、その後は幼稚園の上履きを履いて、楽しく過ごせました、と報告してくれました。人気の保育園を奈良の大和高田でもどこからでも普段はバス通園なので、幼稚園の様子が全くわかりませんが、この先生なら安心して任せられると思いました。感謝しきれません。

この幼稚園の先生と出会って本当によかった

一人っ子で甘えさせ、あまり人と接するような環境になかったので人見知りが激しい我が子だったので幼稚園に入園させるのは不安でした。こんなに神戸でインターナショナルスクールを少しもそんな中いろんな幼稚園見学の時に泣かずに遊べたのが〇〇幼稚園でした。〇〇幼稚園の先生方の穏やかで優しい雰囲気と温もりのある素敵な園舎は親の私たちにとって居心地よく感じ、また我が子も気に入ったのかもしれません。口コミすると奈良の保育園でもどこからか入園前にお試し幼稚園がある為、親子みんなで一年を通して先生や幼稚園という環境に慣れることができたのが安心につながり決め手となりました。〇〇幼稚園の先生みんなが子どもたちに対して熱心で優しく、神戸でどんなインターナショナルスクールとも彼らの成長を一緒に喜んでくれ辛いことや苦しいことは手を貸してくれ、子どもたちが苦手なことには温かい目で見守ってくれながら、子どもたちの自信に繋がるように優しく手助けしてくれました。特に子どもの成長を間近で見れる運動会やお遊戯会などの親子で参加できるイベントでは親の気持ちを汲んでくれたり、この宝塚市で根管治療ならおすすめはここでもとは子どもと接する姿を直で見て我が子がほんとうに先生のことを信頼し大好きなんだと思えるような姿を見ることができました。口コミで大和高田で保育士を採用するといえるのは初めて親から離れて出会う大人が〇〇幼稚園の先生方でよかったと夫婦でよく話しています。

内気な我が子に勇気を与えてくれたくれた保育園の先生

うちの子は少々内気で、保育園のお迎えに行ってもお友達の輪に入ることなく一人で遊んでいることが多いです。こんなバイリンガルスクールでは神戸のどこから積み木やぬいぐるみなど本人が夢中でやれる遊びがあるのはいいことだなーと思う反面、親としてはつい「このままお友達と仲良くやっていけるだろうか」と少し不安になったりもしました。保育園の先生はとてもまめな方で、毎日保育園であった出来事を細かく連絡帳に記してくれているのですが、最近、お友達と遊んだエピソードが増えてきているようで、うれしく思っていました。最初の方は特定の一人のお友達の名前がよく出てきていたのですが、おおくの保育士を大和高田で採用するとなるとだんだん二人、三人と連絡帳に登場するお友達の名前も増えてきました。お迎えに行くとお友達と一緒にいる場面を見ることも多くなってきたように思います。うちの子の中で、何が変わったのだろう?と思い、ある日保育園の先生に聞いてみると、先生もうちの子が感情表現が苦手なことを気にかけていてくれていたらしく、鳥取で根管治療おすすめの歯科医院はほかから少しずつ少しずつ気持ちを表に出せるように、「今〇〇ちゃんはこういう気持ちなんだね」と寄り添っているうちに、うちの子も感情を表に出せるようになったとのこと。だいぶ先生とうちの子の間でやり取りができるようになってきたら、次は「お友達の△△ちゃんに一緒に遊びたいって伝えてみよう!」とうちの子を誘ってくれ、これから保育園を奈良市内で探してみるともうどうも最初は先生も付き添ってくれたので、うちの子もなんとかお友達に声掛けができたみたいです。それ以来、お友達に初めて自分から声を掛けて遊ぶことができたのが嬉しかったらしく、他のお友達にもだんだん声掛けができるようになったみたいです。本当はお友達と遊びたいけど、もう神戸でインターナショナルスクールがあるとちょっとはずかしい・・・そんな気持ちに最初の一歩を踏み出す勇気を与えてくれた先生に、感謝しています。

故郷で活躍する先生が娘たちを見守る幼稚園生活

娘たちが入園した幼稚園の担任のM先生は、娘たちと同じ一年生。つまり、新任の先生です。多くのエレメンタリースクールの中で神戸から私の娘たちは双子で、しかも入園式のタイミングでの引っ越しだったので途中入園となりました。フレッシュで可愛らしく、元気いっぱいの先生。園児たちの中で流行っているゲームがあれば実際にその商品を買って遊んで、子ども達とコミュニケーションを図る材料にしたり、研究熱心な面も好感が持てます。初めの頃は、顔はそっくりだし、お互いに泣いたりトイレトレーニングに苦戦する我が子を相手に、さぞかし負担も大きかったでしょう。全国のおすすめ歯科医院の中でもなんにもそんなM先生、年中でも娘たちの担任を務め、ついに今年は年長の娘たちの担任になりました。もちろん、M先生にはどの学年担当も初めての経験で、まさに娘たちと共に成長しているようなものです。今住んでいるところは田舎です。大学はありません。そんな環境なので、遠く離れた大学へ行って孤独と戦いながら勉強に明け暮れた姿が容易に想像できます。それだけでも立派なのに、都会へ移り住むことも無く、生まれた街に戻ってきて、自分の夢を実現して活躍しています。ただただ尊敬しかありません。娘たちもM先生のことが大好きです。私たちは転勤族なので、いつまで今の住まいに居られるかわかりません。せめて、娘たちが卒園するまで、大好きな先生と、大好きな幼稚園に通えるように願うばかりです。

幼稚園の先生から苦手意識を消してもらった

私は幼稚園に通っていたのですが先生との思い出というのはやはりいくつもあります。その神戸でインターナショナルスクールとなることはその中で絵を描くというのがありました。どんな絵を描くのか、絵を描くということは一体どういうことであるのか、とかなんとなく悩んでいたことがあるのです。色の使い方とかに関してしっかりと教えてもらったということもあってとにかく絵を描く面白さというのを幼稚園で学ぶ事ができました。奈良で大和高田で保育士を採用しようとしても 学ぶというよりは、遊んだ、ということではありますが、絵を描くことに関して技術的に上がったというよりは抵抗感がなくなったという感じです。これはなかなか説明しにくいものではあるのですが、根管治療が専門の岡山の歯科医院は少しも探せず描いた絵を人に見せるということになぜだかしれませんがものすごく抵抗感を持っていたということがあったのですがその抵抗感を取り払ってくれたのが幼稚園の先生でした。その後、特に際立ってうまくなったということはないのですが、それでも苦手意識というのがなくなった、ということはとてもよいことではありました。一番奈良で話題の保育園がこんなにもりっぱな球技が好きだったのがますます好きになったとか幼稚園の先生からは色々と試すこと、どの兵庫でも神戸ではインターナショナルスクールの頑張ること、苦手にならないこと、というのを指導してもらうことができたと今思えば思い起こすことができました。

幼稚園の遠足での先生の気遣い

幼稚園の頃の秋の遠足での話。マイクロバスと山のふもとまで来て、人気の保育園を奈良の大和高田でもここがとてもは 底から園児たちと歌を歌いながら山道を歩いて登っていた。山の中はとてもひんやりしており、小さい小川が流れていた。二列になり園児は2人手を繋いで登っていました。頂上には不思議な形をした石が芝生の上に転がっており、ここでは神戸がインターナショナルスクールからはさながら芝生の上の動物の様でした。頂上について早速お弁当を広げて食べました。お弁当は仕出しの弁当で園児一人一人に幼稚園の先生が配っていました。40人の生徒がおり、39人目、40人目が私でした。私がお弁当を受け取ろうとすると先生たちがお弁当がないと騒ぎ出しました。そんなバイリンガルスクールでは神戸がこことも慌てて探して、お弁当がないことを幼稚園の方に伝えると仕出し先に確認し、確かに40個渡したとの事でした。皆がお弁当を食べ始めていた時私だけ待ちぼうけを食らいました。それを見かねた一人の若い先生が、誰かお弁当のおかずを分けてあげてとの事でした。みな自分のお弁当は渡しませんでしたが、その中で一人お弁当のおかずを差し出してくれました。メディカルゲートがおすすめするクリニックには私はありがとうと言い、タコ型ウインナーをつまんで食べました。先生はその子にいい子いい子して、座らせたと思ったらその子が突然泣き出しました。どうやらそのタコ型ウインナーの半分をあげたかったみたいで、この保育園が奈良では話題になっているといえば私がつまんで一つまるまる全部食べてしまったので、泣きだしたのでした。相当は知らずに私は食べてしまって、なぜか先生に怒られてしまいました。