幼稚園の先生、胸チラしまくり!ヤバいイベント準備!

それは僕の子供が通ってる幼稚園での出来事です。その幼稚園はキリスト教で、クリスマスには毎年幼稚園の先生、奈良でも評判の大和高田の保育園ではそれに父兄総出でイベントの準備をしていました。準備にかかる期間は約一ヶ月。僕たち保護者も11月の中旬になると毎週土日は準備のお手伝いをしていました。それこそ幼稚園に朝から行って夜遅くまで作業に追われます。具体的にはイベントステージや会場に飾る物を模造紙や段ボールなんかで作ったりします。幼稚園の先生方と一緒にその作業をするのですが、保育園が評判の奈良でも基本は床に置いた模造紙や段ボールを加工するので、どうしても作業中の姿勢は前屈みになります。すると本当に嬉しい事に前屈みになった先生たち、その胸元がモロに見えてしまうんです。いわゆる胸チラですね。この幼稚園の先生、皆さん若くて綺麗な人ばかり。短大を卒業したての人から、ベテランの先生で二十代後半って言った所でしょうか。その先生方、実にいろんなオッパイをお持ちで巨乳から、大きくはないけれどカタチが凄く綺麗という美乳までよりどりみどりですね。そんな先生たちの胸チラが見れるもんですから毎週の作業は本当に楽しみでした。どんなに夜遅くまで作業がかかっても僕には全然苦ではなかったのです。ある時は前屈みになってブラとオッパイの間に隙間が出来て、なんと乳首まではっきりと見えちゃった事も。作業に来るのは大抵はお母さんなのですが、中には綺麗な人もいて、そんな美人人妻の胸チラも見れたという副産物もありましたね。先生達、前屈みになった時、その姿勢は四つん這いになるのですが、お尻の方ではパッツンパッツンになってパンティのラインがくっきりになるって言う嬉しい事もあります。いや、本当にメリークリスマス!って感じです。

転勤先の幼稚園で出会った息子を救った先生

夫の転勤に2人の小学生の子どもと一緒に帯同し、全国を転々としている転勤族の妻です。奈良でも評判の大和高田の保育園では初めて我が家が転勤になって見知らぬ土地に住むことになったとき、そこで出会った幼稚園の先生にとても助けられた、嬉しいエピソードをお話しします。
転勤が決まったとき、長男は幼稚園の年少さん、次男は1歳になったばかりでした。評判の奈良でも保育園はすぐに長男を幼稚園に入れるためにいろいろ見学に回ったのですが、そのなかでマンモス幼稚園、かつ幼稚園の先生はみな若くて元気な幼稚園を見つけました。対応してくれた先生や、息子が編入する場合に担任となる先生も紹介され、園庭も広くて長男も気に入って、運よく空きもあったため編入できました。
ところが幼稚園初日になると息子は行きたくないと大泣き。初めての土地でいきなり知らない幼稚園に通うことになったため、不安になってしまったのでしょう。お迎えのバスが来ると大泣きして逃げ出す始末。それでも、初日だからとバスの先生に託して幼稚園へ出発していきました。
その日帰ってくると息子はとてもニコニコ。「早く明日にならないかな!」ととっても楽しかった様子でした。
幼稚園へ通い出してから1週間ほどたち、こっそり息子の様子を見がてら幼稚園へ足を運んでみました。すると、幼稚園児相手に幼稚園の先生たちは全力で触れ合ってくれていました。園庭では全速力で追いかけっこをしたり、園児ひとりずつうんていに持ち上げて支えつつぶらさげてあげていたりしていました。転勤前に通っていた幼稚園はここまで全力で遊んでくれる先生はいなかったため、驚くとともに楽しく過ごしている息子をみてとても安心しました。
毎日全力で園児たちと向き合ってくれる幼稚園の先生たちのおかげで息子は3年間楽しく通え、今でも小学校が大好きで通っています。幼稚園の先生にとても感謝の気持ちでいっぱいになりました。

保育園の先生に言われた素晴らしい言葉が今でも励みになっています。

保育園の先生で年長さんの時に担当してくださった先生がとてもいい先生でした。奈良の大和高田で採用できる保育士は一度やめていたそうなのですが、子供が大きくなったのでまた先生をはじめるということで、結構年配の先生でしたね。でも、やはり経験豊富なので、とても頼りになりましたし、いろいろ相談もしました。そしてある日、面談があり、話題の保育園が奈良ではとても保育園での出来事などを先生が話してくださいました。とても楽しそうにしているし、頑張り屋ですねとうことでした。ここで言われたのが「〇〇君はお母さんに愛されているのがよくわかるお子さん。お母さんに愛されている土台があるから、保育園で頑張ることができるんですよ」と言ってもらえた事です。私はこの言葉が本当に感動的で忘れてません。子育てに自信がなかったので、客観的にプロの方にそう言ってもらえたのが、本当にありがたかったです。「お子さんもいろいろいて、厳しいだけのお母さんで家で甘えられないと保育士にとても甘えてきたり情緒不安定だったりすることもいるんです。そういったことは〇〇君はまったくない。頑張り屋さんだから、小学生になっても大丈夫だとおもいますよ。乗り越えられるでしょう」と言ってもらえました。その言葉を励みにこれからも子育て頑張っていきたいとおもいました。

幼稚園で学んだ本当のことを言う勇気

私が幼稚園の年長だった頃の話です。求人の保育士を奈良の大和高田では田舎の広い園庭がある幼稚園に通っていた私は、砂場遊びが大好きでした。その日も砂場で泥団子を作る遊びに夢中になっていたところ、同じクラスの男の子が走ってきて、綺麗に並べた泥団子を踏んで壊してしまいました。一生懸命作った泥団子を壊された私は、怒り心頭です。早く奈良で評判の保育園を探そうとその男の子の頭をげんこつで殴ってしまいました。驚いた男の子が泣き始めてしまい、我に返った私は男の子に謝ったり、慰めたりしていて、男の子とは何とか仲直りすることができました。お昼寝のあと、担任の彩名先生が「みかちゃん、さっき泣いているけんちゃんのことを慰めていたね。優しいね。」と声を掛けてくれました。泣かせてしまったのは私ですが、彩名先生はそのことに気付いていないようです。家に帰ると、連絡帳にもそのことが書いてあり、母にも褒められました。子供ながらに、本当は自分が悪いことをしたせいなのに褒められたことが申し訳ないような気持ちになりましたが、彩名先生にも、母にも本当のことを言うことができませんでした。翌日は幼稚園に行くのが憂鬱な気持ちでした。大好きな砂場遊びも楽しくありません。そんな様子に気付いた彩名先生が、声を掛けてくれました。本当のことを言ったら彩名先生ががっかりしてしまうかもしれないし、彩名先生に怒られるかもしれない。でも、本当は私がけんちゃんのことを泣かせちゃったんだって言った方が良いのかもしれない。考えているうちに涙が出てきて、本当のことを打ち明けてしまいました。その時、彩名先生が私の頭を撫でて「けんちゃんのことを叩いてしまったことは良くないけれど、きちんと謝って、正直に本当のことを話せたのはとてもすごいことだよ。」と言ってくれました。私はそのことがとても嬉しくて、30年経った今でも先生とのエピソードとして覚えています。

保育園での子供の様子が手に取るように分かる素敵なアルバムを担任の先生がプレゼントしてくれた!

私は、当時専門学校で講師をしており、フルタイムで働いていたので、息子を0歳から私立の保育園に預けていました。私立と言っても、町から委託されているので、募集人数も少なく、確か、0歳の頃は、求人の保育士を奈良の大和高田では先生一人に対して、子どもが4人いたかどうかだったと思います。おかげで、とてもきめ細やかな育児をしてくださり、安心して働くことができました。それに、驚いたことに、この奈良では保育園の評判が私が通っていた保育園の園長先生が作られた乳幼児専門の保育園だったため、私を見てくださった先生が、親子二代にわたり子どもまで見てくださいました。かなりのご高齢だったので、確かに古い教育法だったかもしれませんが、預けっぱなしではなく、親である自覚を持つようにとしっかり教えていただき、保育園んで使うエプロンはすべて手作りにしなければならず、休みの日にミシンを踏んだのが昨日のことのように思い出されます。おむつも布でした(笑)。今のお母さんたちは驚かれるかもしれませんね。ですから、大量におむつを縫って、毎朝きれいにたたんだおむつを届けました。大変でしたが、はやくおむつも取れましたし、実際先生方も紙おむつの方がぜったいに楽だったと思いますが、母親代わりになって、布おむつを使ってくれました。汚れたおむつは、軽く水洗いして返されましたが、夜洗うことによって、任せっぱなしにしているのではないという気持ちもわきました。卒園の時に手作りのアルバムをいただきましたが、涙が出るほど素敵なものでした。入園した時に足形や手形を取ってくれていて、毎年取ってくれて、徐々に大きくなる手と足が押されていました。日々の様子を写真で撮って、その年年の担任の先生が、すべてのページにコメントを入れてくださっていたので、息子がいかに保育園で大切にされていたかがわかるものでした。今でもそのアルバムを時々見直します。ありがとうございました。

幼稚園の先生、胸チラしまくり!ヤバいイベント準備!

それは僕の子供が通ってる幼稚園での出来事です。その幼稚園はキリスト教で、クリスマスには毎年幼稚園の先生、それに父兄総出でイベントの準備をしていました。準備にかかる期間は約一ヶ月。大和高田で人気の保育園なら僕たち保護者も11月の中旬になると毎週土日は準備のお手伝いをしていました。それこそ幼稚園に朝から行って夜遅くまで作業に追われます。口コミで奈良の保育園を抑えると具体的にはイベントステージや会場に飾る物を模造紙や段ボールなんかで作ったりします。幼稚園の先生方と一緒にその作業をするのですが、基本は床に置いた模造紙や段ボールを加工するので、どうしても作業中の姿勢は前屈みになります。すると本当に嬉しい事に前屈みになった先生たち、その胸元がモロに見えてしまうんです。いわゆる胸チラですね。この幼稚園の先生、皆さん若くて綺麗な人ばかり。短大を卒業したての人から、ベテランの先生で二十代後半って言った所でしょうか。その先生方、実にいろんなオッパイをお持ちで巨乳から、大きくはないけれどカタチが凄く綺麗という美乳までよりどりみどりですね。そんな先生たちの胸チラが見れるもんですから毎週の作業は本当に楽しみでした。どんなに夜遅くまで作業がかかっても僕には全然苦ではなかったのです。ある時は前屈みになってブラとオッパイの間に隙間が出来て、なんと乳首まではっきりと見えちゃった事も。作業に来るのは大抵はお母さんなのですが、中には綺麗な人もいて、そんな美人人妻の胸チラも見れたという副産物もありましたね。先生達、前屈みになった時、その姿勢は四つん這いになるのですが、お尻の方ではパッツンパッツンになってパンティのラインがくっきりになるって言う嬉しい事もあります。いや、本当にメリークリスマス!って感じです。

子供だけでなく保護者の性格も理解して対応してくれる先生に感動

年少の息子は甘えん坊で泣き虫なところがあります。大きな声ではしゃいだりもするので見た目はからは想像しにくいですが、叱られたりすると深く傷ついてしまうタイプです。幼稚園の先生には息子の性格を詳しく説明してあり、奈良の保育園では大和高田で話題が息子を注意するときは優しい言い方で対応してくれ本当に感謝しています。ある時、近所のママさんから息子の指しゃぶりについて「無理やりでもやめさせないと友達にからかわれて可哀そうだよ」と指摘されました。人気の奈良でも、この保育園は息子が傷つきやすい性格を知ってのアドバイスでしたが、まだ精神面の安心で指をくわえていることも多い息子に注意する気にはなれませんでした。しかし言われると気になってしまい、ネットで「指しゃぶり」について調べてみると「やめさせる方法」ばかりがのっていてとてもショックでした。年少で指しゃぶりしてる子は確かにいないかも。でも息子が傷つくし、やめさせる方法でうまくいくとは思えず悩みました。ちょうど幼稚園の保護者面談の時期でしたので先生に相談したところ「確かに、息子さんはたまに指はくわえていますが、集中して遊んでいるときはくわえていないし、まだ年少さんです。全然やめさせる必要ないと思いますよ」と、誰かにそう言ってもらいたかった言葉をかけて下さり本当に嬉しかったです。先生はきっと私のような、息子の性格を細かく先生に報告したり「子供のことで少し過敏に心配しすぎる母親」の性格を理解して対応してくれたのだと思います。子供も打たれ強いタイプの子には時に厳しく対応したり、放任すぎる保護者には注意したりと子供の性格はもちろん、親の性格まで一人一人理解して、その人にあった対応をしてくれる先生に本当に感激しました。指しゃぶりはたまにまだしていますが、友達にからかわれることもないし、私も気にしすぎてイライラしすぎることもなくなり、先生が私にかけてくれた言葉に本当にささえられました。

幼稚園・保育園の先生のすごさを体感したボランティア

私は、中学2年生の時の職場体験で幼稚園にお世話になりました。職場体験という短い時間ではありましたが、大和高田で人気の保育園なら幼稚園で先生を体験させていただいた中で感じたことは「先生」である時間がとても短いことでした。明日の工作の準備や、お歌を歌うためのピアノの練習、幼稚園生が朝来てから帰るまでは想像したことのある仕事内容でしたが実際はそのほかの業務の方が多いのではないかと思うほど、大変なんだと理解しました。口コミで保育園は奈良が一番にそんなことを考えながら職場体験をしていると、ある先生が「幼稚園の先生って想像と少し違うでしょ」と声をかけてきてくださりました。今思えば職場体験なんて働きに行っているよりもむしろ職場体験先の仕事を増やしているような気もするのですが、たかが中学生をも気にしてくださり、複数のことを同時進行し、大変なのにそれを顔に出さない思いやりに溢れたその先生のプロ精神に、心を動かされ、私自身の幼稚園時代の先生もこんな人だったのかな、と嬉しくなりました。幼稚園と保育園が一つになった幼保園に妹が通っていたこともあり、その後もボランティアに複数回行かせていただいたのですが、ものすごい広い視野を持ちながら幼稚園児と遊び、安全面で注意を払いながら次の予定を頭の中で組み立て実行していく先生の姿を尊敬しております。

いつも見守っててくれた園長先生

幼稚園の頃は他の子よりも、何をやるにしても上手く出来ませんでした。最初の頃は、他の子に助けてもらったりして何とかやっていました。ですが、保育園を奈良の大和高田で探すと折り紙や貼り絵や塗り絵の時には、他の子も自分の事で精一杯になり、私もどうしていいか分からずになっていました。保育士の人に助けられていつも、何とか作品を作っていましたが、他の子も同じように助けを求めていたので、私へのサポート時間も限られていました。保育士さんが来てから作業をして、保育士さんが来てないときは手を止めて、キョロキョロしていました。そんななか、ドアの窓ガラス越しに、園長先生がこちらの様子を見てるのに気がつきました。そのときに、益々焦ってしまい、困ってしまいました。見かねた園長先生が、ドアを開けて入ってきてしまい、私はてっきり怒られると思いました。ですが、園長は怒らずに横に座り、一緒に貼り絵をしてくれました。それから園長先生は、具体的なアドバイスをしてくれて、作業が上手く進んでいくようになりました。園長先生の助けを借りながら、いつの間にか様々な事を、他の子と同じぐらい出来るようになりました。そして作業を出来るようになることで、他の子と遊んでいるときに恥ずかしい気持ちになることは、無くなりました。そしてそれから時間が経って、普通の子と変わらずに、作業をこなせるようになった後も、時間があるときに園長先生は、私の作品をチェックしては、誉めてくれました。見守ってくれていると、作業をやっているときに、頑張ろうと思えました。