保育園の先生のおかげで生活が一変、楽しいものに変わった。

私は娘を出産してまもなく、旦那さんの実家に暮らすことになりました。保育士を採用できる奈良の大和高田ならではと自分が生まれ育った場所ではないので、なかなか馴染めずにいました。スーパーに行くのも気がむかずに、家から出られずに娘と閉じこもっている日もありました。多くはエレメンタリースクールから神戸でも、わたしの地元の友達の話を聞くと支援センターに行って遊んだり、ショッピングモールに行って買い物に行ったりと楽しく過ごしているようで、羨ましく思っていました。早く奈良で評判の保育園を探そうとすると最初は地元のような友達関係を築くことも出来なかったので、育児に関して相談できるママ友が近くにいませんでした。そんな辛い日々が続いていました。ですが2人きりの生活に嫌気がさして、細々ながら仕事を始めることになり、保育園に娘を入れることになりました。初めは不安しかなく、今まで以上に旦那さんの地元が嫌いになりそうだな、と感じていました。ほんとに神戸でインターナショナルスクールを保育園に通うことで、他のママとの関わり合いが出てくることにも不安しかなかったんです。ですが保育園の先生がとても良い方々で、そんな私の状況を察してくれ、娘を迎えに行くと育児の相談に乗ってくれたり、他のママとの関わり合いを取り持ってくれたりしました。そのおかげで育児に関する悩みも一人で抱え込むことがなくなったり、他のママとの関わりで新しい楽しみをみつけたり出来ました。食わず嫌いのような感じで、保育園に通うことをマイナスと捉えていましたが、通ってみて良かったなと思いました。