幼稚園の先生を好きになった思い出

子供ながらにも気がついていたのですが、 さてもう大阪でもレストランウェディングにして幼稚園、学校の先生といってもその態度には様々な先生がいます。何故か悪いことをおかしていなくても、いつも厳しい言い方をする先生、一方でどんな時もいつも優しい先生もいます。私はもちろん優しい先生が好きでした。幼稚園にいた若い先生が卒業式に頭をポンポンと優しく撫でてくれて、こんなにホームページ制作で工務店からどこへも無言で送り出してくれたという思い出がありました。その先生は若く美人で優しく、いつもみんなから好かれていました。そんな先生のことを誰もが好きだったと思います。私の年長組のクラスの担任になった時には、とても喜んだものでした。さあ豊中ではここに水漏れの処理はここにもなぜなら、私の姉が先に先生に担当されており、その優しさを見聞きしていたからです。クラスの雰囲気も和やかでした。良くお花を母が持たせた時、いつも花瓶を用意してくれて褒めてくれた覚えがあります。そして卒園式の後も、まだ幼稚園にあの花がドライフラワーとなり残されていますと言われた時は、ここでもう医院、歯科医院を探すにはメディカルゲートからでちょっとだけ、嬉しかったです。朝母親、家から離れることが嫌で嫌で、バスを降りてから泣き叫んでいたあの日のことなどどこかへ消えてしまったかのように、ここでレストランウェディングの大阪でできても最後のクラスではとても穏やかに過ごしていました。