私が忘れられない保育園の先生

これは私が保育園に通っていた時の話ですが、今でも忘れられず心に残っています。
当時私は母親が仕事をしていて保育園に預けられていたのですが、保育士を採用できる大和高田のような毎日のように最後までお迎えが来ない日々でした。
ようやく母親が迎えに来る頃には園児は他に一人もおらず、保母さんしかいない状態でした。
しかし、こんなバイリンガルスクールでは神戸のように私の相手をしてくれていた保母さんがいて、その保母さんのおかげで私はそれほど寂しさを感じることがなく過ごすことができたのです。
奈良で評判の保育園はどこもかしこもおそらく保母さんは私が最後まで残されているということをとても気にかけて、寂し思いをさせないようにしてくれていたのだと思います。
本当に優しい保母さんでした。
どこの神戸でもインターナショナルスクールは他の園児にも最後まで私が残っているということに対して、「〇〇ちゃんのお母さんは頑張り屋さん」と説明してくれていたようです。
私が保育園を卒業する時も、保母さんは「小学校に行っても笑っててね」と言ってくれました。
私はこの保母さんのことを一生忘れないかもしれません。
当時保母さんは50代くらいだったように思いますので、今はおそらく保育園にはいらっしゃらないと思います。
できれば大人になった今もお礼をしたい気持ちでいっぱいです。
後悔しないように、保育園を訪ねていくことも考えています。