一人でのがんばりを先生が認めてくれた

こどもが年中さんのころの学芸会でのエピソードです。ここで評判になっている大和高田の保育園はここにこどもの幼稚園では毎年学芸会で劇をやりました。こどもたちが好きな絵本を選んで演じたい登場人物も自分で選べるという自主性を重んじたやり方で、人気の役は人数も多くなります。やりたかった役ができるのでみんなとてもがんばって練習をしていたそうです。神戸でもインターナショナルスクールといえる学校からうちの子はおおかみさんの役で人気がなかったのか二人で演じることになっていたのですが、もう一人の子がインフルエンザのためにお休みになって前日のリハーサルから一人で演じることになってしまいました。前日から分かっていたとはいえ舞台に上がったときから固い顔をしているのが見えてはらはらしていたのですが、舞台の真ん中にちゃんとタイミングよく出て、全国のおすすめ歯科医院の中でも特別に大きな声でかけあいのセリフを言う姿に感動しました。最後まで顔が固いままでしたが間違いなく言い終えて誇らしそうな顔をしていました。一人で演じることを心配してくださっていた先生がセリフを言い終えたときに何度も舞台の前でうなずいてくれているのが見えました。評判では奈良が良いと保育園を巡ってどうしても帰りに私の元に来たこどもが「かっこよかったでしょ!」と満足そうな顔で聞いてきたのを姑と私で「すごーくかっこよかったよ」と褒めていたら先生が来て「よくやったわ!本当にがんばったわね」と周りに保護者の方がいるなかでうちの子のことを思い切り褒めてくれました。こどもががんばって成功したことを認めてもらえた忘れられないエピソードです。

幼稚園や保育園の先生との嬉し恥ずかしい思い出

私は保育園がどうにも性に合わず、人気の保育園を奈良の大和高田でもどこでもと三カ月ぐらいで辞めてしまったのですが、それでも楽しかった思い出はあります。保育園では毎日お昼寝をしていたのですが、私はお昼寝があまり得意ではなく、なかなか寝付けない日々が続きました。すると先生がまるで母親のように私を寝かしつけてくれるのです。これは今思い出しても嬉しく、またどこか恥ずかしい思い出として印象に残っています。保育園を退所したあとは幼稚園に行ったのですが、ここでの担任の先生との思い出も忘れられません。この神戸でインターナショナルスクールとなるには名前もしっかり今でも覚えているくらい大好きな先生だったのですが、ある日うっかり「お母さん」と呼んでしまったのです。これは子供心に非常に恥ずかしく思いました。日頃から母性が豊かな先生でしたので、つい母親と心の中でリンクさせてしまったのでしょう。すると先生はニコニコ微笑みながら、「なぁに?」と私に声をかけてくれました。聞けば、先生は自分が受け持っている子供たちはみんな自分の本当の子供のように思っていると言ってくれたのです。だから、恥ずかしがらなくてもいいとも言ってくれました。むしろ「お母さん」と呼んでもらえて嬉しかったとまた微笑するのです。口コミで保育園は奈良が一番になるにはここが私はますますこの先生のことが大好きになりました。以上が私の保育園、幼稚園での先生との嬉し恥ずかしい思い出です。

先生に凄く良くして頂けた内容につきまして

私は、中学生の頃にその当時、暴力描写のアニメやドラマがお茶の間の時間帯に堂々と放送されておりまして、保育士を採用できる大和高田のようなところで特に酷かったのは、暴走族の漫画や、人間失格と言うイジメについて、これ程までに描くと言う作品が堂々と夜の時間帯に放送されておりましたので、神戸のインターナショナルスクールでもどこのかクラスの同級生としましては、非常に荒れている方が多く、髪の毛を中学生の時点で染められている方や、すぐに暴力で対応してくる方が非常に多かったので、必然的に陰キャラでありました私は、イジメられる形となりました。そのイジメとして代表的でありましたイジメの内容としましては、神戸もインターナショナルスクールと呼べるところでも学校から自宅まで帰る際に、連行されるような感じで、一人の同級生の子の家に無理矢理連れて行かれて殴る蹴ると言う暴行を受けるものでありました。その暴行を受けている時につきましては、苦しくて何も言えないような状況であったのですが、次第にエスカレートしていくのに耐えかねまして、新川崎のおすすめ消化器内科はもっとも担任の先生に打ち明けました所、イジメ問題として認識して頂き、多くの先生が召集される形でその中で、私に暴行を加えた人間につきまして、先生の方からそれぞれ叱責して頂き、奈良でも評判の保育園ならばと進んだゆくと反省文を書いて頂かせてもらうと言う処置をして頂きましたので、本当に良かったと思えた瞬間でありました。

保育園の先生のおかげで寂しさがなくなった

両親が共働きで私は保育園に行っていました。奈良で大和高田で保育士を採用しようとすると年中くらいで両親は離婚して私は母親と一緒に生活してました。弟がいましたが3歳離れていてなんとなく自分がしっかりしないといけないなと思っていました。離婚後最後に父親と会ったときには母親をよろしく頼むと言われたことを今でも時折思い出します。そんなバイリンガルスクールでは神戸のここでもそんな時保育園でいつも昼寝の時間があるのですが全く寝れなくなってしまいました。他の子達は寝ているのに自分だけ一人で部屋で起きて遊んでいるところに先生が一人一緒に遊んでくれました。根管治療でおススメの歯科医院が満載なのはどこに先生はおそらく20代後半くらい女性で背も高くいつもみんなと一緒に外で走り回って遊んでいる姿が印象的でした。そんなある日に私が一人で遊んでいるとなんとなく先生が後ろから声をかけてくれました。普段から私は泣き虫でふと気持ちが緩んでしまい先生に向かって泣きじゃくりながら抱きついていました。そんなときでも先生は強く抱きしめ返してくれて優しく声をかけてくれて心配してくれます。どうしても神戸ではインターナショナルスクールといえる私が寂しくていつもいつも泣いている時には先生に抱きついてしまう甘えん坊な自分に優しくしてくれた先生の温もりはずっと忘れないと思います。そこから私はどんな人にも優しくしようと仕事は福祉の仕事をしています。話題の保育園が奈良ではとても珍しいことはその時の先生のように相手の気持ちを汲んで支えられるような人になりたいと日々思っています。